【インタビューVol.1】ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ|長野県

伊那谷キャンパーズヴィレッジ

ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ|ドローン空撮動画・インタビュー取材 Vol.1

長野県上伊那郡中川村にあるACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ。リピートされるキャンパーさんの中には、「桃源郷」と呼ぶ人も。キャンプが大好きで、自然を大切にするオーナーが創ったキャンプ場だからこその魅力が詰まったキャンプ場です。

ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジの魅力を映像で観る

空気が変わるキャンプ場

伊那谷キャンパーズヴィレッジ
伊那谷キャンパーズヴィレッジ
伊那谷キャンパーズヴィレッジ

キャンプ場に向かう細い山道を走っていると、「この先に本当にキャンプ場はあるのかな?」という不安と同時に、圧倒的な自然しかない雰囲気に包まれたワクワクを感じます。そんなことを想いながら15分ほど山道を登ると、自然に溶け込んだ「Campers Village」という看板が出てきます。他ではなかなか感じることが出来ない、何か不思議な、静かな空気の信州伊那谷キャンパーズヴィレッジに到着です。

信州伊那谷キャンパーズヴィレッジは鈴木道郎オーナーが「毎日キャンプしたくて創った」キャンプ場☆看板にも描かれている通り、「隠れ家」という言葉が最もフィットする表現かもしれません。

伊那谷キャンパーズヴィレッジ

鈴木オーナー
「父親に連れられて5歳からキャンプを始めました。焚火を囲ったのを今でも覚えています。そこから『キャンプ病』にかかっちゃいました(笑)。キャンプに行ったときは、必ず帰りたくないと泣いていましたね。中学生、高校生とボランティアリーダーとしてキャンプするようになり、どんどんハマっていきました。あるとき、誰に対しても心を閉ざして口を利くことが出来ないお子さんをキャンプで預かることがあったんです。普通の子と同じように接することを意識したんですが、2泊3日のキャンプファイヤーで最後その子は歌って踊るようになったんです!それを見て『これが自分の役割だ』と感じました。」

伊那谷キャンパーズヴィレッジ

信州伊那谷キャンパーズヴィレッジの鈴木道郎オーナーは様々なアウトドア関連の資格をお持ち。自然体験活動指導者(NEAL)主任講師、JBA公認マウンテンバイクトレーナー、幼稚園/小学校教諭1級免許、、、など挙げるとキリがありません。

鈴木オーナー
「はじめはキャンプ場の管理人をイメージしていたんです。教員をやっていたので、休みを利用して子ども達を連れて野外学校をやるというのが夢でした。けど休みの自由と毎日キャンプしたいという想いもあり、自分で創ってしまう方が良いということで28歳の時(24年前)に、創ったのがここです。結果『キャンプ病』対策にもなりました(笑)」

伊那谷キャンパーズヴィレッジ

‟キャンパーズヴィレッジ”という表現にも実は意味があります。

鈴木オーナー
「もともとサマーキャンプなど教育の観点からキャンプ場を始めようと思ったので、単なる「オートキャンプ場」としたくなかったんです。親も子どもも一緒になって自然を満喫できて、共有できる場所を創りたいという想いがあります。『子どもと親の垣根を取り払いたい』というイメージでしょうか。なので『キャンパーの村』という名前にしました」

親子で一緒に入れるお風呂や、親子で参加するキャンプファイヤーなどのイベントもそういった想いから創られてきているというのがわかります。

中央アルプス、南アルプスに挟まれた伊那谷

伊那谷キャンパーズヴィレッジ

伊那谷は諏訪湖を源流とする天竜川を挟み、西に中央アルプス、東に南アルプスという広大な谷です。信州伊那谷キャンパーズヴィレッジはこの伊那谷の真ん中あたりにある中川村の奥地に位置し、「銭」と呼ばれた山里に生まれました。

伊那谷キャンパーズヴィレッジ

鈴木オーナー
「実は『人が住んでいた』という土地が大切だと思っています。何百年も前から人が住んで生活していた土地だからこそ、安全で、安心できるところだと思っています。実際強風が吹くこともあまりないですし、地盤も固い。それが伊那谷を選んだ理由の一つですね」

確かにそういった観点で見てみると、この土地の価値が再認識できます♪

「遊びながら学ぶ」

伊那谷キャンパーズヴィレッジ

信州伊那谷キャンパーズヴィレッジでの過ごし方は無限大!子どもの数だけ遊び方があります。遊具もありますが、自然そのままを活かした遊びを子ども達が自由に想像して過ごすことが出来るのも信州伊那谷キャンパーズヴィレッジの魅力の一つです。
野山を駆け回ることも、キャンプ場内を流れる清流で水遊びするのも自由。岩から染み出る湧き水を見つけることが出来るかも!?!(^^)!

伊那谷キャンパーズヴィレッジ
伊那谷キャンパーズヴィレッジ
伊那谷キャンパーズヴィレッジ

キャンプサイト、ツリーハウス、バンガロー

地形を活かしたプライベート感抜群のサイト

信州伊那谷キャンパーズヴィレッジのテントサイトの形は様々。そして広い!谷の地形、もともとあった棚田の地形を活かした区画サイトはプライベート感も高く、ハイシーズンでも周りの目線を感じることもなく過ごせます(*’▽’)
夏になると各サイトの周りは植物でパーテーションのようになり、更にプライベート感が保たれます。

人気のツリーハウス

宿泊施設で人気はツリーハウス(*’▽’)デッキから観る自然とキャンプサイトはなかなかの眺めです(^^)/中はソファーベッドもあり、ファミリーで泊まるのがお勧め♪清流のすぐそばに立っているので、夜は川の音を聞きながら休むことが出来ます。個人的には壁の絵とカラフルな装飾が好きです。

  • ログハウス
  • 2ルームキャビン
  • ファーストキャビン
  • トレーラーハウス

ツリーハウス以外でも数種類の宿泊施設に泊まることが出来ます。シンプルなログキャビン、トレーラーハウス、そして見晴らしの良い山小屋風ログハウスも(^^)
ファーストキャビン内にはストーブ、小さい冷蔵庫もあり、これが結構助かります☆二階は子どもが喜ぶ秘密的空間です。またウッドデッキにはテーブルと椅子もあり、焚火スペースもあるのでのんびり焚火を見ながら過ごすことが出来ます♪


次のページ:未来のトイレ、子どもに人気のイベント、オーナーの想いとは


基本情報

〒399-3801 長野県上伊那郡中川村大草7833
TEL:0265-88-2695
http://www.odp.jp/icv/index.html

山岳、高原・土、砂
オートキャンプサイト:50区画(AC電源10区画)
ツリーハウス、ログキャビン、ログハウス、トレーラーキャビン
お風呂あり

料金

・オートキャンプサイト利用料 (車のみ)
0~1,500円
・施設利用料  ※シーズンによって料金が変わります。
ログキャビン 6,000円~10,500円
ログキャビン 8人用 8,500円~12,000円
ログハウス  8,500円~11,500円
トレーラーキャビン 5,000円~8,000円
ファーストキャビン 7,000円~10,500円
ツリーハウス 6,000円~9,500円
・入場料
大人 1,000円(※キャンプ保険料含む)
※同一家族なら3人目 ~500円
子ども(小学生~高校生) 500円
※同一家族なら3人目  ~0円
幼児 200円
・車 / 1台 1,000円
・オートバイ    500円
・AC電源使用料 1,000円~

※その他、詳細は公式HPでご確認ください。

  • 管理棟エリア
  • バイオトイレ
  • お風呂

関連記事

  1. foresters-village-kobitto

    【インタビューVol.2】ForestersVillageKobitto(フォレスターズビレッジコビット)|山梨県

  2. Campism

    奥会津ただみの森キャンプ場|福島県

  3. 広浦公園キャンプ場|茨城県

  4. Campism

    四尾連湖 水明荘キャンプ場|山梨県

  5. Campism

    ファミリーオートキャンプ場そうり|群馬県

  6. スノーピーク箕面自然館・キャンプフィールド|大阪府