【インタビューVol.1】ACN OKオートキャンプ場|三重県

OKオートキャンプ場

ACN OKオートキャンプ場|ドローン空撮動画・インタビュー取材 Vol.1

三重県にあるACN OKオートキャンプ場は、周りをぐるりと川に囲まれた空の広いキャンプ場。
場内に立つ木々は全てオーナーが植えたもの。ご自身の子育てによい環境を作りたいという想いを込めたキャンプ場です。

キャンプ場の魅力を映像で観る

三重県伊賀に位置するOKオートキャンプ場は三重県内だけでなく、京都、大阪、名古屋、奈良などからもスムーズに来ることが出来ます。更にJR島ヶ原駅より徒歩10分という好立地(‘◇’)ゞ島ヶ原大橋を渡って堤防沿いに歩いてくると、空が圧倒的に広いキャンプ場に到着です♪
入口にある管理棟は、景観を遮ることがなく、溶け込んだ平屋で懐かしさを感じる造り☆
しかし空が広いっ!!(*’▽’)

ACN OKオートキャンプ場 永井オーナーファミリー

okオートキャンプ場

ACN OKオートキャンプ場の永井オーナーファミリー。「家族みんなで協力してキャンプ場を運営しているのが本当に嬉しいこと」
とおっしゃる永井進オーナー。家族を大切に考えているオーナー達が創ってきたキャンプ場だからこそ、ファミリーキャンパーにとって安心できるキャンプ場になってきているのが伝わってきます♪
まずキャンプ場をやろうと思ったキッカケ、ACN OKオートキャンプ場の始まりについてお伺いしました。

okオートキャンプ場
okオートキャンプ場

永井進オーナー

okオートキャンプ場

奥様の美佳さん

永井進オーナー
「大学時代のユースホステル部でキャンプをすることが多くキャンプの魅力に取りつかれました。また、社会人になってからも山登り好きな友達がいて一緒によくキャンプをしていました。下の子が生まれて、1歳になったころから父親の仕事場(現在のOKオートキャンプ場)でキャンプをよくするようになりました。この土地は砂浜があり、川に面しているため、キャンプ場に適していたんです。
当時オートキャンプ場というのが三重県でも出来始めていました。車をテントサイトに横付けできるオートキャンプのスタイルであれば、子連れでも気軽にキャンプが出来ると思い、家族でオートキャンプをしていました。そうしてるうちに「キャンプ場をしてみたい」という夢がだんだん膨れ上がっていき、父親が背中を押してくれたのもあってキャンプ場をする決心をしました。
オープンした当初は少しずつ手作りで整備していたのでテントサイトでお客さんと一緒にキャンプしながら、どんなキャンプ場にしようかと話していったのを覚えています。」

okオートキャンプ場

長女の亜津美さん

okオートキャンプ場

長男の克さん(2代目)

美佳さん
「はじめはどうしていいかわからないことばかりでしたが、日本オートキャンプ協会に相談してアウトドアイベントに出展することにしたんです。手作りのチラシを自分たちでコピーしてそのイベントで配りました。子供たちには忍者の恰好させて(笑)。手書きの模造紙にOKオートキャンプ場と書いてチラシを手配りするところからスタートです。少し異様なブースになっていたと思いますよ(笑)」

「OKオートキャンプ場」の由来

OKオートキャンプ場という名前は、場内にお馬さんがいることに関係しています。実は永井オーナー、45年前から馬を飼っていて、西部劇「OK牧場の決闘」というところから取っています。

okオートキャンプ場

永井オーナー
「『馬のいるキャンプ場』ということから考えました。高校生くらいから馬を飼っているんです。現在いる馬はキャンプ場を始めてから3頭目、トータル8頭目ですね。」

本当に馬が身近にいた永井オーナー、OKオートキャンプ場では乗馬体験やエサやり体験もできます☆

オーナーが植えてきた木々は500本を超える

OKオートキャンプ場1

ACN OKオートキャンプ場の空から見ると、各区画サイトが綺麗に植木で区切られているのがわかります♪テントサイトは大体100㎡前後あり、手づくりなので形は様々です。平坦なので2区画で利用するキャンパーさんも多いとのこと。
実はOKオートキャンプ場の魅力の一つにこの「植木」があります。もともとこの土地には木がなく、1本1本オーナーが植えてきたものなんです(^^♪合計500本は超えるというその木々一本一本にオーナーの想いが詰まっています♪
キャンプ場に初めて到着してから感じることは、おそらく拓けた景色の素晴らしさではないでしょうか。けれども、一本一本の木々を良く見てみると、本当に丁寧に育ててきているのを見てとれます☆

永井オーナー
「すべて自分たちで植えてきました。木を買ってきてどんどん植えて、とにかく木を大事にしています。というのも、木のそばにいると、”人のありかた”というんですかね、”穏やかに談笑している姿”というのが人の本来の姿ではないかという気がするんです。キャンプしている人たちを見ても、木のそばに椅子をおいて、ワインを飲んだり、静かに過ごすキャンパーさんが増えてきています。」

永井オーナー
「OKオートキャンプ場に来られるキャンパーさんのマナーが良いのも、なんとなくそういったところからきている気もします。掃除していてもお礼を言われたり、とても礼儀正しい素敵なキャンパーさんばかりです。」

OKオートキャンプ場

10月頃に少し紅葉してくる木々は、周りの山々の紅葉とは違った味わいが楽しめそうです(*’▽’)ちなみに川沿いサイトには桜が植えられているので、お花見キャンプなんていう楽しみ方もできます♪

永井オーナー
「キャンプ場は見通しが良く、伊賀特有の山々を見ることが出来ます。木が手ごろなサイズでどこか安心して過ごすことが出来るのではないでしょうか」

「OK牧場」OKオートキャンプ場の乗馬体験

OKオートキャンプ場乗馬

キャンプ場の名前の由来にもなっているお馬さん♪今いるのはジュリーちゃんで、現在17歳(2017年)。一番落ち着いている年頃らしく、初めて乗馬体験するには一番良い歳だそうです♪

永井オーナー
「父親が乗馬クラブをやっていたときから馬を飼っています。乗馬でなくてもエサ上げを楽しむキャンパーさんも沢山いらっしゃいます♪子供にも慣れてきているので、安心して触れ合うことが出来ますよ」

(季節、体調によって乗馬のタイミングなどが決まっているので、事前に確認するようにしましょう。)

トイレ棟は驚きのキレイさ

OKオートキャンプ場受付棟の裏側にある綺麗なトイレ棟。場内数か所にあるどのトイレも水洗ですが、中でも最近新しく建てられたトイレ棟は、その綺麗さに驚かされますっ(*’▽’)子供連れキャンパーさんにうれしいのが、女性用の広い個室トイレ。

また、場内にはシャワー室もあり、子供と一緒に入れる広さのものもあります♪広場でいっぱい遊んだ後にシャワー浴びることが出来るのはありがたい限り♪

次のページ:バンガロー、「子育てを考えたキャンプ場」とは


基本情報

〒519-1711 三重県伊賀市島ヶ原12428
TEL:0595-59-2079

3月中旬~11月下旬
河畔・豆砂利
オートキャンプ 90台

料金

・オートキャンプサイト
5,500円(1泊・車1台・5人まで)
6人目から1人につき1,100円アップ
2台目から1台につき1,650円アップ

・ログバンガロー
13,200円(1泊・車1台・5人まで)
6人目から1人につき1,100円アップ
2台目から1台につき1,650円アップ

関連記事

  1. 竜洋海洋公園オートキャンプ場00

    【インタビューVol.2】竜洋海洋公園オートキャンプ場|静岡県

  2. 芦川オートキャンプ場|山梨県

  3. Campism

    おのファミリーランドオートキャンプ場|福島県

  4. 島根県立石見海浜公園|島根県

  5. Campism

    飯綱東高原オートキャンプ場|長野県

  6. 鈴鹿サーキットファミリーキャンプ|三重県