【インタビューVol.1】大子広域公園グリンヴィラ|茨城県

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ空撮1

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ|ドローン空撮・インタビュー取材 Vol.1

茨城県大子町が誇る大子広域公園。圧倒的スケールの施設には、斜面を利用したアスレチック、波の出るプールや長さ46mものチューブスライダー、温泉施設など一日中遊んでも遊びきれないほど。キャンプ場「グリンヴィラ」は開放感のある芝サイトだけでなく、キャビン、最高級のトラベルトレーラー(トレーラハウス)など様々なスタイルを楽しめ、一年中キャンパーさんに愛されています。

大子広域公園グリンヴィラの魅力を映像で観る

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの始まり

大子広域公園グリンヴィラ (2)

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの支配人である小松和人さんにグリンヴィラの始まりについてお伺いしました。これだけの規模の施設なので、相当の苦労もあったことが伝わってきます。

大子広域公園グリンヴィラ

小松支配人
「『Green』と『Villa』=『緑の別荘』という意味からグリンヴィラという名前になりました。スタートは2002年7月12日になります。当時私は違う組織にいて「誰がやるのかなー?」と他人事のように思って見ていました(笑)。ちょうどオープンの一年前、当時の町長がそこの組合長だったもので、民間的に運営しようということで話が来て、ど素人でもいいからやっていけ、という流れで準備が始まったんです。これだけの規模なので、プロのコンサルタントの方も入っていましたが、できる限り心のこもったサービスを提供していこうということで、ソフト面を私たちが一から学びながら手探りで頑張ってきました。」

小松支配人
「とにかくいかにオープンするかという事に必死で、同規模の公営キャンプ場を長期間に亘り勉強させてもらったり、何とか7月のオープンに間に合わせることが出来ました。当時オープン後のことを考える余裕はなく、いかにオープンさせるかという事だけでしたね。スタートして5年くらいは本当に大変でした。スタッフみんなで一緒に育っていったという感じです。うちはスタッフがみんな若いので、役所的にやるという感じではなかったです。なんでもチャレンジしてきました。」

大子広域公園グリンヴィラ

小松支配人
「素人スタッフながら年間・季節イベントをたくさんやったり独自イベントをやってきました。スタッフみんなのおかげもあり、キャンパーさんや来場者の皆様のおかげで今では大子町のシンボル的な施設になれたのではないでしょうか。」

”おやじキャンプ”などイベントも盛りだくさん♪

大子広域公園グリンヴィラ

取材に伺った10月、管理棟に近づくとハロウィンのデコレーションが見えてきます。更に建物に入るとワクワクできる装飾に目と心を奪われます☆

小松支配人
「グリンヴィラでは春のキャンプ大会、秋のキャンプ大会、年越しキャンプ、越冬キャンプなどのイベント、そして”おやじキャンプ”も人気がありますね☆”おやじキャンプ”は性別問わないので、色々な”おやじ”が参加するようになりましたよ(笑)」

大子広域公園グリンヴィラ

小松支配人
「キャンプが初めての方のイベントとして、手ぶらキャンプというのをやっています。嬉しいのはそういった初心者イベントから始まって、そのままキャンプが好きになって年間を通してキャンプしにくるようになるキャンパーさんが結構いることです。始めたばかりだったのに、そのまま年越しキャンプをしに来る人も実際いらっしゃいますからね。」

毎年リピートされるキャンパーさんもどんどん増えていて、様々なイベントをお手伝いしてくれるそう!(^^)!管理棟の壁にはこれまでのイベントの写真なども飾られていて、多くのキャンパーさんとの温かいつながりがあることがわかります♪”おやじキャンプ”には様々な”おやじ”がいるのが面白い( *´艸`)

大子広域公園グリンヴィラ

小松支配人
「女性や初心者向けのキャンプ場として人気がありますが、キャンプの楽しさが少しでも伝わればと思って皆で頑張っています。7~9月は初心者キャンパーが比較的多く、10~12月以降は常連の人が増えて、それに対応したキャンプ場になっています。公共キャンプ場という枠に縛られないように意識しています。年末も22時頃にクローズして帰るのではなく、うちは夜中までキャンパーが集まることがあります。とにかくいろんなことをやりますね。」

センターハウスには露天風呂、そして見ていて飽きないランタンミュージアムも

管理棟には見ていて飽きないランタンの数々(*’▽’)なんとコールマン1号も展示されています♪ここに寄贈されたものや、キャンプ大好きな小松支配人の私物も☆これだけのコレクションは感動です♪
キャンプやアスレチックで遊んだあとは管理棟併設の温泉へ♪内風呂、露天風呂ともに気持ちよくリフレッシュできます(^^)/脱衣所もとても綺麗でオムツ替え台まで準備されています☆
実は女性用脱衣所に置かれているドライヤーの方が‟良いやつ”という噂。。|д゚)

広大な敷地の拓けた高規格キャンプ場

大子広域公園グリンヴィラ10

グリンヴィラのキャンプ場エリアは大きく3つに分けることが出来ます。芝の美しいフリーサイト、木陰も気持ちよい区画サイト、そしてキャビンなどの宿泊施設です☆
開放感で選ぶならやはりフリーサイト♪芝の手入れも常に行っていて、子供たちも走り回っています(^^)区画サイトは1区画ごとのスペースも大きく、大きなテントでも十分余裕をもって過ごすことが出来ます☆

大子広域公園グリンヴィラ
大子広域公園グリンヴィラ

サイトからは管理棟、温泉施設、炊事場まで近くとっても便利(^^)/炊事場も広く、キャンパーさんにも好評です♪

大子広域公園グリンヴィラ15

キャビンは”Villa”の名の通り、まるで別荘

  • ファミリーキャビン
  • グループキャビン

グリンヴィラのキャビンはまるで別荘のよう♪外装だけでなく、内装にもこだわりがあり、ファミリーにも大人気です♪また各キャビンについているバーベキュースペースも綺麗で、まるで外国のリゾートにいる感覚になります(*^-^*)

小松支配人
「キャビンも15年経ちますね。外見は綺麗なように映りますが、室内は傷みが目立ってきました。来年(2017年)床の張り替えを予定しております。行政の担当者も予算取りが厳しい中、大体の要望を受けて頂き助かっています。おかげでキャンパーさんにも喜んでいただいています。」

大子広域公園グリンヴィラ キャビン
大子広域公園グリンヴィラ キャビン
大子広域公園グリンヴィラ キャビン

トラベルトレーラーは大人から子どもまで大人気♪

  • 【360度】トラベルトレーラー
  • 【動画】トラベルトレーラー

入口「→」をクリック(タップ)すると中に入って360度観ることが出来ます。

キャビンと同時に存在感があるトラベルトレーラー(*’▽’)

小松支配人
「エアストリーム社の34フィートのクラシックモデルというものです。とにかく子供に大人気で、3か月に一度は洗車とワックスをやってますよ。中の造りはアメリカンで、内装備品が3、4年で壊れてしまったので、新しくしました。」

このトラベルトレーラー、実は○○万円もする最高級品っ!!( *´艸`)一度は泊まってみる価値ありですm(__)m


次のページ:”大子広域公園”複合施設、大型プール施設フォレスパ大子、「『キャンパーさんが喜ぶ顔』が今では本当に嬉しいです」


基本情報

〒319-3541 茨城県久慈郡大子町大字浅川2921
[フォレスパ大子] TEL:0295-72-6100
[大子広域公園] TEL:0295-72-5824

大子広域公園オートキャンプ場

■ロケーション
高原・公園・芝
オート43区画ACあり、キャンピングカー7区画、フリーサイト32張り芝
キャビン(4~5名用:6棟、8~12名用:9棟)
トラベルトレーラー(3台)

料金

■テントサイト
・個別サイト:通常期6,700円/冬季5,700円
・フリーサイト:通常期4,200円/冬季3,200円
・キャンピングカーサイト:通常期7,700円/冬季6,700円
■キャビンサイト
・ファミリーキャビン:20,000円
・グループキャビン:30,000円
・トラベルトレーラー:21,000円

その他詳細はオフィシャルページへ

関連記事

  1. Campism

    キャンピングリゾートWAN|山梨県

  2. ワンダーフォレストTERRA|静岡県

  3. しべつ「海の公園」オートキャンプ場

    しべつ「海の公園」オートキャンプ場|北海道

  4. Dom’up camp village 那須高原(ドムアップ)|栃木県

  5. 和島オートキャンプ場|新潟県

  6. 長崎県民の森|長崎県