新着キャンプ場応援口コミ|各キャンプ場ページから投稿できます!

ロゴス|ポータブル火消壺

ロゴス|ポータブル火消壺 紹介動画

ロゴス|ポータブル火消壺

ロゴス 火消壺

焚火、バーベキュー後に役立つ火消壺。細かい余計なギミックもなく、シンプルだからこその使い勝手と安定感があるのがロゴスのポータブル火消壺です。
焚火、バーベキュー後に残った炭、灰を入れて蓋をするだけで鎮火できるので、水を使わず後処理も非常に簡単です。

ポイント① 頑丈

ロゴス 火消壺

夜の焚火後に寝ようと思っても、まだ焚火台にある炭が真っ赤に燃えているなんてことありますよね。安全のために鎮火するのを待つのも良いですが、ロゴスのポータブル火消壺があれば真っ赤の状態の炭でも問題なく処理できます。
水を入れて鎮火させる火消壺もありますが、それをやってしまうとベトベトになってしまい、鎮火後の処理が大変になってしまいます。ロゴスのポータブル火消壺の使い方は非常にシンプルで、残った炭を入れて蓋をするだけで酸素を遮断し鎮火してくれます。
また、灰を入れずに炭だけを入れて鎮火した場合は、次のバーベキューで使うこともできるので経済的です。

ポイント② ねじ式だから倒れても大丈夫

ロゴス 火消壺

蓋がねじ式になっているので、キャンプ場の行き帰りの車の中や、サイト内で倒れたとしても全く問題ありません。
たまに硬くなってしまい蓋が開けられないというレビューがありますが、トングなどで横から叩くと簡単に開けられるようになります。

ポイント③ 高床式

ロゴス 火消壺

底の部分をみると、数センチ床が高くなっているのが分かります。これにより地面へのダメージを軽減することができます。もちろん完全遮熱ではないので、芝生のキャンプ場などで使用する際には注意が必要です。

Amazonで探す

正直レビュー

これを使う前は焚火台に残った炭をキャンプ場の炭捨て場に持っていく際に焚火台ごと運んでいました。当時使っていた焚火台はスノーピークの焚火台Mだったので、持ち運びにだいぶ苦労した覚えがあります。
これを使うようになってからは、炭捨て場に行く際の苦労がなくなっただけでなく、炭のリサイクルもできるようになり、経済的にもメリットが出ました。
また、チェックアウト日の朝は焚火に火を入れることができませんでしたが、火消壺のおかげで鎮火までの時間がそれほどかからないため火起こしが出来るようになり、特に冬キャンプでは重宝されています。

スペック

● 総重量:1.5kg
● サイズ:直径17×高さ21.8cm
● 内寸:直径13.5×深さ16.5cm
● 収納サイズ:縦17.5×横17.5×高さ22cm
● 主素材:アルミ

Amazonで探す



キャンプイズムはアフィリエイト広告を利用しています。

関連記事