新着キャンプ場応援口コミ|各キャンプ場ページから投稿できます!

ROOSTER GEAR MARKET|TIN CASE

ROOSTER GEAR MARKET|TIN CASE紹介動画

ROOSTER GEAR MARKET|TIN CASE

ROOSTER-GEAR-MARKET|TIN-CASE

ROOSTER GEAR MARKETのTIN CASEはキャンプでのちょっとした小物や、コーヒー豆を入れておくときなどにピッタリのブリキ缶です。しっかりとした構造と、使いやすさ、使っているうちに馴染む材質と小さいながら魅力が沢山詰まっています。

ポイント① ブリキの質感

ROOSTER-GEAR-MARKET|TIN-CASE

ブリキ缶ならではの肌触り、使っていくうちに自分だけの色合いになるのも嬉しいポイント。どこか懐かしさもあり、キャンプで少しラフに使ってもそれがTIN CASEの”味”になってくれます。

ポイント② 蓋についたストッパー

ROOSTER-GEAR-MARKET|TIN-CASE
ROOSTER-GEAR-MARKET|TIN-CASE

多くのブリキ缶を小物入れとしてキャンプに使用したいと思っても、意外にストッパーがしっかりとついているものを探すのは大変です。ROOSTER GEAR MARKETのTIN CASEはストッパーがついていて鞄やカーゴの中に入れても蓋が開いて中身が出てしまうリスクが低くなっています。それでいて開閉には力が必要なこともなく、ストレスフリーで使えるのも魅力です。

ポイント③ 8種類のカラーバリエーション

ROOSTER GEAR MARKET
出店:ROOSTER GEAR MARKET|JACKALL Inc

ブリキ缶といってもカラーバリエーションが豊富。コーヒー豆を入れる用、電源コードを入れる用など、使用用途に応じて好きな色を選べるのも嬉しいですね。

ポイント④ サイズ感

ROOSTER-GEAR-MARKET|TIN-CASE

外寸値で幅98×奥85×高さ30mmという片手でもつのにちょうどよいサイズ感。細長いタイプのTIN Case LB(外寸値:W248×D69×H42mm)もあります。また、コーヒー豆を入れるのにはユニフレームのチタン製の折り畳み式スプーン、FDスプーンTiを一緒に入れるのがぴったりで便利です。

ROOSTER-GEAR-MARKET|TIN-CASE

Amazonで探す

正直レビュー

始めコーヒー豆を入れるケースを探していましたが、蓋が開いてしまうものがほとんど。キャンプ用品から少し視野を広げた際に出てきたのがこのROOSTER GEAR MARKETのTIN CASEでした。ブリキの質感を最大限楽しむためにシルバーをチョイスしましたが、キャンプ以外では他のカラーも気に入っています。今のところカーゴの中で蓋が開いてしまっていたこともありません。
コーヒー豆を入れてコーヒーミルに豆を移す場合、蓋側に豆が落ちてしまうと閉める際に引っかかってしまいます。これはどんな構造の缶でも起こることですが、実際使う際には注意が必要です。

スペック

●外寸:幅98×奥85×高さ30mm / TIN Case LB:幅248×奥69×高さ42mm)
●カラーバリエーション:SILVER/BLACK/SAND/YELLOW/ORANGE/GOLD/WHITE/RED/BLUE(LBはBLACK/RED/SILVER/GREEN/SAND)
●材質:ブリキ

Amazonで探す



キャンプイズムはアフィリエイト広告を利用しています。

関連記事