ローベンス|トリプルドリーマー、BYER バルバドスハンモック&自作ハンモックスタンド、オフトンなどご紹介

ローベンス|トリプルドリーマー/kuroazukiさん

ローベンス|トリプルドリーマー/kuroazukiさん

ファミリキャンパー kuroazukiさん

ナチュログでは知らない人はいないほど有名キャンパー、FREE SITEを運営しているkuroazukiさんが登場ですっ(*’▽’)「BMW MINIに家族4人と道具満載でキャンプしています。コンパクトカーでも積載を諦めない!の精神で何でも積んで運びます。」様々なキャンプアイテムとキャンプレポをほぼ毎日更新されています!サイトのプライベート感と景色の素晴らしさから、好きなキャンプ場は群馬県のくりの木キャンプ場☆

ROBENS TRIPLE DREAMER

ずっとスノーピークアメニティードームを使用してきていて、過去100泊以上はアメニティドームで過ごしてきたツワモノのkuroazukiさんのテントは、ROBENS TRIPLE DREAMERという2ルームのトンネルテント(*’▽’) 購入した当初は国内代理店がなく、個人輸入でGetした幕だそうです。ノルディスクのレイサと形状は似ていますが、Robens Triple Dreamerはスカートがあり、冬キャンパーにも納得のテントです。現在は廃盤ということで残念です( ;∀;)

ツールームテントは、設営が見た目と比べて楽というキャンパーも多いですね♪ 注目ポイントはテント側面にビニールの窓がついている点!これがあると、いちいち外の冷気や雨を入れることなく天候チェックが出来ます(^^) 実用面だけでなく開放感もあり◎ 出入り口は正面、または側面を跳ね上げて使用できます。ツールームなので5人部屋と2人部屋に分かれていていますが、リビングとベッドルームに分けて使用することも♪ ファミリーキャンパーにツールームが支持される理由がわかります☆

手作りテーブル "BEEF TABLE"

お友達のBEEFさんが作ってくれたという自作テーブル☆ 自作といっても完成度が高すぎでびっくりします!ユニフレーム焚火テーブルとの相性も抜群♪ kuroazukiさんご自慢のミニのラゲッジにぴったりはまるように設計されていて、折りたたむとご覧のように完璧にフィットしています(*’▽’) BEEFさんのブログはページ下部のリンクからいかれます♪

BYER バルバドスハンモック&自作ハンモックスタンド

ハンモックで過ごす時間は格別(^^♪ 市販のハンモックスタンドを使用している人も多いですが、実はハンモックスタンドを自作されているキャンパーも結構いらっしゃいますね。kuroazukiさんも自作のハンモックスタンドです♪

まず素材は、材質と強度を考えてウッドデッキ用のウェスタンレッドシダーという木材を使用。やすりをかけて塗装~&乾いたらマルカンボルトで固定して完成です!ちなみにkuroazukiさん使用のハンモックはBYERバルバドスというレインボーカラーのハンモックです☆

裏ワザ Wild One コット&Snow Peak オフトン  

冬でもキャンプをされているkuroazukiさん。暖を取るために色々トライされています♪ テーブルを改造してコタツを作ったり・・・今回はコットとオフトン(スノーピーク寝袋)のコラボに挑戦!ダウンシュラフは寝たときに背中部分のダウンがつぶれてしまい、効果が半減。そこで、「コットの裏側をダウンで覆ってしまえば体重でロフトを潰さないんじゃ?」という発想から実験されたのが、自作 ”ダウンコット”。スノーピークのザオフトンをコット裏面までかぶせた状態で裏側を留めます。側面はまだ改良中の部分もあるようですが、コット、ダウンシュラフそれぞれのメリットを生かした ”ダウンコット” が出来ました!

関連記事

  1. Cabanon|Neptune3/劇団にひきさん

  2. ogawa|ピルツ23/ナチュラルさん

  3. Ogawa AIRE|ドームシェルターLana|10円おじちゃん

  4. スノーピーク|アメニティドーム/ゆうちゃん

  5. サウスフィールド|ドームテント/indoorfamさん

  6. コールマン|ツーリングドーム/BGRさん