ダッチオーブンの錆取り

ダッチオーブンの錆取り

ダッチオーブンの錆取り

①サビの程度を確認する

ダッチオーブンを使った後のメンテナンスをおろそかにすると、あっという間に錆が生まれます。その錆の状態を確認してから作業に入ります。
あまりに錆がひどい場合は金ダワシなど、ダッチオーブンにダメージを与える可能性があるサビ取り方法になってしまいます。

②タワシで錆をこすり取る

ある程度のサビは亀の子たわし(ふつうのたわし)でゴシゴシ落とすことが出来ます。この際洗剤はもちろん使いません。できる限りダッチオーブンに傷をつけたくないところですが、亀の子たわしは実はヤシが原料なので、金たわしよりもダッチオーブン本体にダメージを与えることなくとることが出来ます。洗い終わったら火にかけて乾かします。



③油を塗る

ダッチオーブンが乾いたら油を塗っていきます。
ここで使う油はオリーブオイル、もしくは植物性の油になります。布などを使い、まんべんなく塗るのがポイントです。
全体に塗り終わったらダッチオーブンを火にかけます。

④火にかける

煙がモクモクと出てくるので、家でやる場合は換気に注意しましょう。
しばらく空焚きをしていると、煙が出なくなるので、そうなったら火を止めて自然に冷えるのを待ちます。
無理に水などで冷やそうとすると、場合によってダッチオーブンが割れてしまうことがあります。

⑤くず野菜を炒めて完成!

冷めた後は②と③を2,3回繰り返します。
最後にシーズニングと同じくクズ野菜を炒めて完成です。
もともとの真っ黒の状態になったのを確認したら、錆が出ないように新聞紙や炭を中にいれて保管するようにしましょう。