ダッチオーブンのシーズニング・メンテナンス

ダッチオーブンのメンテナンス

ダッチオーブンのシーズニングとメンテナンス

基本のシーズニングとは?

シーズニングとは、ダッチオーブンを初めて使う際に必要な工程で、さび止めワックスを落とすことを言います。

コールマンなど中にはシーズニング不要のダッチオーブンも売っていますが、たいていは必要な工程になりますので、購入の際にはチェックが必要です。シーズニングをしないで料理をすると、ワックス臭く、とても食べられないので注意です。

①サビ止めを洗い落とす

洗剤や重層(じゅうそう)を使用し、柔らかいスポンジでまずは軽く洗いましょう。
洗い終わったら布でふきます。
キャンプ場でシーズニングを行う際には必ずエコ洗剤を使用することも忘れないように☆

②油を塗る

次に加熱して完全に水分を飛ばします。表面が黒っぽくなり、それが全体に広がってきたところまで加熱します。
ここまできたら、熱くなっている状態のまま、植物性油を布でまんべんなく塗り込みます。
油をまんべんなく塗り終わったら自然乾燥をします。乾燥したら再び熱してまた油を塗ります。

③くず野菜炒め

最後に玉ねぎの皮やネギ、など匂いの強い野菜のくずを炒めましょう。
炒め終わったら冷ませて保管します。この時に新聞紙などで包んで保管すると、湿気対策になるので、錆防止にもなります。



ダッチオーブン使用後のメンテナンス

ダッチオーブンは使えば使うほど味が出て美しくなります。
自分だけのダッチオーブンを作るためにも、使用後のメンテナンスを丁寧にしましょう。

STEP1) お湯洗い
ダッチオーブンの料理を美味しく食べたら、まずお湯洗いをします。
この際洗剤は使ってはいけません。せっかく浸みこんだ油を取り除いてしまうことになってしまいます。熱湯をダッチオーブンに注ぎ、沸騰させながら木べらなどで汚れをこすり取りましょう。

STEP2) 汚れを取ってから再加熱
次に布などを使用して残った汚れを水滴ごと拭き取ります。炭火やツーバーナーなどで完全に乾かしましょう。炭火で乾かす際は放置しすぎに注意。

STEP3) 油を塗り込む
水気が完全になくなるまで乾燥させたら火を止めます。
熱くなっている状態のまま、ダッチオーブンに植物性の油を塗り込みます。

STEP2の加熱からSTEP3までを繰り返します。

STEP4) 保管
STEP3まで終わったら冷まします。
自然に冷めたことを確認したら新聞紙にくるんで湿気の無いところで保管しましょう。中に炭を入れておくと脱臭、湿気対策にもなります。