ダンロップ|ツーリングテント GR R327、ピコグリル、ハンモック、自作テーブルをご紹介

ダンロップ|ツーリングテント GR R327/soyokazefufuさん

ダンロップ|ツーリングテント GR R327/soyokazefufuさん

ファミリキャンパー soyokazefufuさん

soyokazefufuさんはご夫婦で2015年からキャンプを始め、しっかりとキャンプスタイルを確立しています!テーマは”minimum camp”「車(R1)の積載量に限りもあり、軽量&コンパクトにこだわってキャンプを楽しんでいます。旦那に至ってはギア1個、グラム単位で管理する徹底(変態)ぶり。近代建築の3大巨匠、ミース・ファン・デル・ローエは言った。「Less is more」(より少ないことは、より豊かなこと)。心も身体も身軽なキャンプを目指します!」とコメントを頂きました☆お気に入りキャンプ場は岡山県の天神峡キャンプ場♪

DUNLOP ダンロップ| 3シーズン用ツーリングテント GR R327

soyokazefufuさん使用テントはダンロップGR R327です♪
「テントは国産にこだわってDUNLOPの3シーズン用ツーリングテントにしました。組立ての簡単さ、軽さ、細かいメッシュと丁寧な国産のテントに安心して雨の日でも使うことが出来ます。なんといっても天井の高さ、前室も含めた空間の広さには大満足です。サイドをエントランスにできたりと実用性も抜群です。決してコンパクトではない気がしますが、とにかくフルスペックは間違いないです!」もともとスノーピークアメニティドームを使用していましたが、Minimum Campというコンセプトのためにツーリングテントに変更。こだわりは当然テントから始まっています♪

焚き火台 Picogrill398 ( ピコグリル )

最もお気に入りは焚火台Picogrill398(ピコグリル)。なんとこの焚火台収納サイズがA4程度(3.5㎝×23.5㎝×1㎝)重さは約448g!組み立ても簡単、直火に近い低い位置で焚火が楽しめます。

「決め手はもちろん軽量&コンパクト。キャンプしよう!と思って一番最初に選んだこの焚火台が、今思えばミニマムキャンプの始まりだったのかもしれません。」

そして更に気になるのが写真撮影のセンス♪そのまま何かのポスターに使えそうです(*’▽’)さすがデザイナーとイラストレーターのご夫婦です(*^^*)

ハンモック

soyokazefufuさんお気に入りアイテムは、ハンモック☆ポールに対しては、ご主人が 撥水 / 防虫 / 防腐 / 防カビの塗料をまんべんなく塗布♪本当気持ちよさそう(*’▽’)

自作キャンプアイテム

soyokazefufuさんの自作キャンプアイテムはローテーブルです♪フレーム部分は ”溶接が得意な作家さん” にお願いして作ってもらったそうです☆

関連記事

  1. ogawa|ファミリーロッジ175/Y&Kさん

  2. ドッペルギャンガー|タケノコテント/うみうさ通信さん

  3. Canvascamp Sibley|キャンパステント/ベルギーモノポールさん

  4. キャンプテンスタッグ|オルディナヘキサタープ/釣りバカさん

  5. スノーピーク|ランドロック・タトンカタープ/スカさん

  6. スノーピーク|ランドロック/イダキャンさん

キャンプ場予約

  1. オートリゾートパークビッグランド

    ACNオートリゾートパーク・ビッグランド【インタビューVol.1】|山…

  2. 【ドローン空撮】フローラキャンプサイト|山梨県

  3. 龍の国オートキャンプ場

    龍の国オートキャンプ場【インタビューVol.2】|栃木県

  4. 【ドローン空撮】青川峡キャンピングパーク|三重県

  5. Dom’up Camp Village那須高原(ドムアップ)|栃木県

  1. sotosotodays

    【予約】sotosotodays CAMPGROUNDS (南足柄)

  2. 夢見る河口湖コテージセンターtop

    【予約】夢見る河口湖コテージ戸沢センター

  3. 羽鳥湖畔オートキャンプ場0

    【予約】羽鳥湖畔オートキャンプ場

  4. グリーンプラザみやま

    【予約】グリーンプラザみやま

  5. やぐら沢キャンプ場

    【予約】やぐら沢キャンプ場

SPONSORED LINK