【ドローン空撮】ふくしま県民の森フォレストパークあだたら|福島県

キャンプ場の魅力を映像で観る

キャンプ場紹介

福島県安達太良山のベースキャンプにも使用されるふくしま県民の森フォレストパークあだたら。設備の充実度が圧倒的ながら、キャンプ場のコンセプト「森林との共生」という言葉通り、自然に溶け込み、驚くほど静かに過ごすことが出来るキャンプ場です。
コテージの色は、夕暮れの安達太良山の山肌をイメージした森の緑に溶け込むような深い青色、場内照明は、夜の星空が映えるよう目線より高い位置に配置しないなど、とにかく細かいところまで自然に溶け込むつくりになっています。

お勧めポイント①「自然に溶け込み静かに過ごすキャンプ場」

ふくしま県民の森フォレストパークあだたらのサイトは、隣との距離にストレスを感じることなく一つ一つが驚くほど広く作られています。夜になればあまりの静けさに感動さえします。日々どれほど雑音がある世界にいたのかということを教えてくれます(T_T)
また広大な土地ならではのキャンプ場で、森の中を散歩したりすることで色々な発見をすることが出来ます。例えば「松の赤ちゃんもしっかりと松の形をしている」ということを教えてくれたのもこのキャンプ場♪
高規格でありながら、サイト、環境の両方で森との一体感を味わうことが出来ます。

お勧めポイント② 「常設トレーラー・コテージ」

  • 常設トレーラー
  • コテージ

ふくしま県民の森フォレストパークあだたらに来たからには1度は泊まりたいコテージと常設トレーラーのエアストリーム。
コテージは人数に応じていくつかタイプが異なり、バリアフリータイプを選ぶことが出来ます。コテージ内にはそれぞれトイレとお風呂もついていて、お風呂では窓を開けて露天風呂風にゆっくり入るのがお勧め。
トレーラーハウスは、他のキャンプ場からも注目されるエアストリーム。最上級トレーラーハウスがならび、区画内でバーベキューを楽しむキャンプスタイルです♪

お勧めポイント③ 「露天風呂・充実の設備」

  • ビジターセンター
  • サテライトハウス

研修施設としても利用されるふくしま県民の森フォレストパークあだたらのビジターセンター。
雨の日にも楽しめるライブラリーや、ショップはもちろん、カフェもあります。
中でも人気はやはり露天温泉。温泉に入った瞬間からトロっとした泉質に誰もが驚かされます(^^♪脱衣所含め、広々としているので、ファミリーキャンパーも安心して利用できます。

基本情報

〒969-1302福島県安達郡大玉村玉井字長久保68
TEL:0243-48-2040(電話受付/9:00〜17:00)
FAX:0243-68-2060

■ロケーション
山麓・ビリ敷き
オートキャンプ 130、テント専用サイト 宿泊10 日帰り20、コテージ20、トレーラーハウス10

料金

・基本料金(温泉代含む)
 大人 660円/ 小中学生 330円/幼児 無料
・施設利用料
 コテージ5人用 18,700円(1棟あたり)
 コテージ7人用 23,100円(1棟あたり)
 常設トレーラー 17,600円(1棟あたり)
 個別サイト 3,300円(1サイトあたり)
 キャラバンサイト 5,500円(1サイトあたり)
 グループサイト 2,750円(1サイトあたり)
 フリーサイト 1,650円(1サイトあたり)
 ※日帰りは上記の半額
・環境保全費
 110円(一施設一利用期間につき)
・入湯税
 150円  (1人、1日あたり)
 (コテージ、常設トレーラー利用の大人の方のみ)
・電源使用料・暖房使用料
 電源使用料 550円 (個別サイト及びグループサイト1泊1サイト)※希望した場合のみ
 暖房使用料 550円(コテージ及び常設トレーラー1泊1棟)※12月〜3月のみ

関連記事

  1. 嬬恋鹿沢キャンピングガーデン|群馬県

  2. アジアンキャンプリゾートTapa|群馬県

  3. ふれあいの森キャンプ場|長野県

  4. ホウリーウッズ久留里キャンプ村|千葉県

  5. 有野実苑オートキャンプ場|千葉県

  6. まあぶオートキャンプ場|北海道